自分の防災意識の甘さを改めて実感した休日の話


午前1時過ぎ。
いきなり大音量でスマホから大雨・洪水を知らせる警報音が鳴りました。
当時そのとき寝ていた私も、瑠璃くんさえも驚いて起きてしまいました。

幸いにもどうって事はなったのですが、
「避難」や「厳しくなった警報」に対して怖いと思ったのはいうまでもありません。


「私は大丈夫。どうせ大袈裟にいってるだけよ😤」

って高を括っていた人が家流されたり、亡くなったりすると言ったニュースをよく目にします。

あとは最近の台風で、
避難の時に小学生の頃に避難訓練で習う避難の時の
【おか(は)しも】
(おさない・かけ(はしら)ない・しゃべらない・もどらない)
の『も』を無視して戻って流されてしまったかたもいました。

自信過剰というのはとても危険な考えです。

と、言ってはっと頭をよぎりました。

この警報が流れるってことは、
自分もいつ避難しろと言われてもおかしくない状況です。私の家は平気といっていざどうしようもなくなって困るくらいなら、避難しろと言われたら避難するでしょう。

でも、それで私も避難となった時に何をもって出ていけばいいんだっけ、と一瞬焦りました。

お恥ずかしいながら、
自分は防災に対する意識が全然ありませんでした。

去年までは、海もなければ山もなければ氾濫しそうな川もない内陸の平坦な地に暮らしていました。

しかし、今住んでいる場所は……海も山もありますねぇ。

しかも熱海で土砂崩れって…他人事じゃないと危機感を覚えました。

20210703220021502.jpeg

今はこんな感じで、
必要なものがオールインワンになっているセットも出ています。
それに生理用品や下着、防犯ブザー、電池、電池式のラジヲといった必要なものを追加しました。

20210703215831151.jpeg

あとは食糧。

最低でも3日分は確保する必要があります。
飲水と、ご飯(お湯とジップロックがあれば温められる)とそのままでも食べられるカレーとベタだけど缶入りのお菓子を詰め、持ち運びできる小さな入れ物に入れました。

これはもし例え避難せずに済んだとしても、
3.11の時のように買い物に行くことが困難になってしまった際の非常食でもあります。

あとは寝袋。
これはあくまで私の実家がキャンプ好きで馴染みがあったからというのもあります。

避難所で使うのはもちろんのこと、
万が一家の中であっても地震などでベッドが使えない状況になってしまった際に場所さえ確保すれば何処でも寝られる状態にするためでもあります。

…こうして揃えてみると、
いかに自分の防災への認識が甘かったかがわかります。ましてや身内がいない地では尚更です。

避難所はあくまで安全な場所を提供するだけであって、自分の身は自分で守る、自分のご飯は自分で確保するしかありません。
マンションを借りてもご飯は自分で用意しないのと同じ認識ですね。

これから台風シーズン到来です。

今回の教訓を生かして、これからも点検などを行い、備えていきます。

日記帳のススメ

私はこうしてブログも書いているけど、
オフラインでもタルパのことを書く日記を持っていたりします。

ブログを書こうかどうしよか迷った時は、
その日記に書いてから決める。
または、残しておきたいものはブログだけじゃなくて日記にも書くといった方法を取るときのあります。

なんでそんなアナログなことを・・・Twitterもあるからいいでしょう。と思った方もいるでしょう。

しかし、この日記はタル活をする上で、
とても役に立っている物です。

紙の日記帳のメリットをいくつかお話します。

①ノートとペンがあれば気が向いたときにいつでも書ける。

これはアナログの一番の強みと言えましょう。
やっぱりどうしてもネットやスマホを使って記録を書くとなると、スマホを操作しなきゃいけなかったり、
ネット回線が必要だったりしてしまいますが、これだと思ったときに、すぐにさっと取り出せさえすれば書くことが可能です。


②思ったことや意見をストレートに書ける。

やっぱり、ネットとなると常に公開されている可能性がありますし、
アカウントの切り替えミス、感情で動いてしまう等のアクシデントが起きることもありますし、
それを見せてしまったことでトラブルに発展したりすることって無きにしも非ずじゃないですか。
鍵だから100%安全って訳でもないです。

日記だったら公開しない限りは自分だけしか見ないんだから、
基本的に自由な世界になりますので、これを書いたら嫌われるんじゃないかなって思うこともかけたりします。

書き出すのは、意外とストレス発散にもなるんですよ^^

③自分やタルパのプライバシーに関わることも書ける。

例えばネットに公開するとなると、
自分やタルパの名前を仮の名前にしたり、プライバシーに関わることや特定されかねないことって書きづらいじゃないですか。それで思ったことが書けない!ってなってブログが書きづらい!ってなる人も多いと思うんです。

でも日記だったら↑にも書きましたが、
完全に個人の場所なので、その点は安心です。
本名(真名)でも地名でも、ありのままを記録できます。


④記録として手元に残る。


ネットだとよくある事例としてパスワードを忘れてしまった、ハッキングされてしまった!というトラブルがあって記録が消えてしまうなどのデメリットがありますが、紙の媒体だったら公開しない限りは永遠に手元に残ります。捨てない限りは。
日記帳が完全に終わる頃には、自分とタルパさんだけのオリジナルの本が完成しています。


⑤タルパとの距離が近くなる

デジタルだと処理したりとかがあるイラストも、日記帳だとさらっと絵を描くことも可能ですし、
ネットでは公開を躊躇いがちなタルパさんの詳細まで記録することが可能です。

あとはこれはオプション的要因ですが、
タルパさんのイメージに合わせたペン色にすることで、タルパさんのキャラを認識しやすくなったりモチベがあがったりもします。


・・・このように、
デジタルはデジタルの良さもありますが、
アナログにはデジタルにはない利便性があるため、
初めての方はまずはタルパさんを認識すると言った点では、依代と同じくらい重要な要因かもと思ったりします。


日記帳はどういうのがいいの?

日記帳は文具店はもちろん、
LOFTや東急ハンズのようなバラエティショップや、
イオンやヨーカドーなどの大きめのスーパーの文具売り場の家計簿や手帳コーナーの近くにあります。

種類はたくさんありますので、自分にあったのを探してみてください。

私自身としては、最初は日付が固定されていないフリータイプの物をお勧めします。

といいますのは、最初はどうもサボってしまいがちです。
そうなった際いつでもまた再開できるようにするためにも、入っていない方が有利になります。

もしくは、ノートでも代用できます。
無印のようなシンプルなものはもちろんですが、
お気に入りのノートでももちろん大丈夫です。

版権タルパさんの場合、元ネタのキャラが描かれたノートを使うのもある意味でタルパを認識するためにはいいと思います。


まぁ、これといったお作法はないので、好きなので大丈夫です。

私の日記帳はまだまだ1冊目でこれから進めていくのですが、
どうしてもサボりがちです・・・。
それでも、自分とみんなだけの絶対的な自分だけの記録になれればと思って、
今こうして書いています。

これが私がタルパさんを維持するためにできる数少ないアドバイスですが、
どうか参考になれればいいなぁと思ってます。


見づらい文章ですみませんが、ここまで読んでくれてありがとうございました。
皆様のタル活が、うまく進みますようにお祈りします。
カウンター
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

遊夏

Author:遊夏
見えない同居人がいます。

Twitter

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
つよさゲッター
遊夏
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR